ハウスクリーニングを経営するならe-MACS|サポートで安心経営

男女

現地法人設立を支援

レディ

市場調査から経営支援まで

独立開業を目指す人の中にはその舞台を必ずしも日本国内に限定せず、よりグローバルな視点に基いて海外市場に進出しようとする例も少なくありません。特に経済成長が著しいアジア各国はそうした人たちの間でも熱い注目を集めており、人口が日本の2倍というインドネシアは特に有望な国の1つです。インドネシアは豊富な労働人口を持つと同時に消費の面でも巨大市場を提供してくれるため、現地ビジネスには無限の可能性が秘められています。そんなインドネシアに会社を設立する際には、日本とは異なる法律やさまざまな習慣が高い壁になると予想されます。事前のネガティブリスト調査や投資登録申請から始まり、税制面での申請や銀行口座開設、法務省と商業省での登記など多くの申請作業を経なければなりません。煩雑な申請業務や事前調査をすべて独力でこなしていくのは大変ですが、インドネシア進出支援を行っているコンサルティング会社を利用するという手もあります。インドネシア進出コンサルティング会社では市場調査から会社設立のための申請・諸手続きを代行しており、会計監査や定款作成にも対応してくれます。会社設立時だけでなく税務申告や給与計算など、事務作業全般を代行しているコンサルティング会社も少なくありません。ビジネスの形態によっては現地採用や現地企業との交渉も必要となりますが、インフラ整備も含めてコンサルティング会社が全面的にサポートしているのです。このようなコンサルティング会社をビジネスパートナーに選んだ場合は、特別な知識がなくてもインドネシアでのビジネスを展開することが可能となります。会計業務等をコンサルティング会社にアウトソーシングすることにより、最低限の人件費で現地ビジネスが完結します。海外ビジネスで最も大きな障害となることが予想される言語の壁についても、コンサルティング会社がインドネシア語への通訳や翻訳までサポートしてくれるのです。